2010年3月8日月曜日

就職しないで生きるには【10年008冊目】

続いて、こんな本を読みました。


就職しないで生きるには

<本の紹介>
嘘にまみれて暮らすのはイヤだ。納得できる仕事がしたい。失敗してもへこたれるな!―自力で生きぬくテキスト。
-----

今の自分の状況が状況だったので、興味が出たんだろうなと思います。
そして、読んでみて思ったこと。自分の好きなことを追求していく人生をケーススタディとして学べるのはいいけども、時代と文化が違いすぎて率直に言ってあまり参考にはなりませんでした。

出版された年が、1981年。自分の生まれた年。
多分、その頃は参考になる話も多かったんだろうと思います。でも、今これと同じことはできないし、何かを学ぼうと思っても「諦めない」「ないものに目を向ける」とかそういう当たり前のこと以外には特に真新しいものはなかった。

ということで、途中で全然おもしろくなくなって最後までは読めませんでした。。。
いいんです。時間が限られてる中で、読みたい本と読めない本が出てくるのは当然。このくらいの判断はできるくらいに本について学んでこれた、って思えば、それがわかっただけでもいい機会にはなりました。
レトロなアメリカを感じてみたいって人にはいいと思います。

次いこう、次。

0 件のコメント:

コメントを投稿