2010年5月17日月曜日

プレジデント名言録 part Ⅲ【10年21冊目】

さてさて読書も並行して進めています。お次はこちらの本を読みました。

プレジデント名言録 part Ⅲ。

こちら、非売品だったので紹介できるリンクが作れませんでした。
この本は雑誌プレジデントからの名言を集めた本だったのですが、
名言好きな自分にとってはおもしろく読めました。

簡単なことを難しく言うのは簡単だけど、難しいことを簡単に言うのは難しい。
だからこそ、とっても深いことを一言に凝縮できる人には憧れるし、尊敬もしています。

まだまだ自分はその域には届かないけど、いつか「kijimasashi語録」が作れるくらいの人になれたらいいなぁ、とか思います。

1つ、気に入った言葉がありました。
「学歴ではなく、卒業後の学習歴が重要。」

本当にその通りだと思います。人は何歳になっても学び続けることができるし、人生を変えることはいつでもできる。ただ、何も学ばない人には何の進歩も訪れない。

卒業したては確かに学歴を大事にしてくれていい。でも、そこから時間が経ってれば経っているほど、学習歴がものを言ってくるものだと思います。そしてそれは、履歴書に書かれたりして目に見える形にならないから、人を見る目がない人にはわからない。

そういう意味で、自分が何を学んできたのかを見えるようにしておくのは、他の人たちにできないことをしていることになるのかな、と思いました。職務経歴書には「仕事を通しての学び」はかけるかもしれないけど、それ以外を書いたらお門違いになる。

学校を卒業しなきゃ、資格を取らなきゃ、学位を取らなきゃ評価されないのはおかしいとは思うけど、あなたは学んできたことを他の人に見せることはできますか?

0 件のコメント:

コメントを投稿