2010年12月7日火曜日

電気的宇宙論(1)【10年27冊目】

ちょっと興味があって読み始めたら、一気に読んでしまったのがこの本でした。


電気的宇宙論 銀河、恒星、惑星の進化を書き換えるプラズマ・サイエンス 1

【本の紹介】
矛盾だらけ、説明できないことだらけのビッグバン宇宙論はご退場ください。観測されている宇宙の神秘をプラズマ実験とプラズマ放電のコンピュータ・シミュレーションで再現できる最先端の宇宙論。
---

いつも見ているのに、普段特別に考えることもない宇宙について。
ホーキンス博士のビッグバン宇宙論はNewtonかなんかで読んで、へぇ~そんなことも起こるもんか、とか思ってた。ヒモ理論とか、宇宙は広がり続けていてそのスピードはとっても速くて、自分たちの人生はそんな宇宙の中では一瞬でしかなくて。とか。

でも、この本を読むと全然違ったことがわかります。
神話の中で語り継がれている話は、本当に起きていたんだ。
何千年か何万年か昔の空は、今僕たちが見ている空とは全然違ってたんだ。

世界中に残る遺跡の文字は、文字じゃなかった。
実際の現象そのものを後世に語り継ぐ必要があったからこそ、「石に刻んで遺さねば」と思えるほどかつて暮らしてた先住民にはインパクトのある出来事だったからこそ、刻まれたんだ。
自然発生的に生まれたはずの文字が世界各地で驚くほど似通ってる秘密もそこにあったんだ。

その石に刻まれ神話として残された現象を現代の科学技術は、スケールを小さくして起こすことができた。だからこそ、この本が生まれた。

この本、すごかったです。
この事実を知らずに、もう宇宙は語れない。

おそらくこの数年間で宇宙の常識は変わる。そう思えた本でした。
よかったらどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿