2011年1月17日月曜日

情報社会論【11年05冊目】

続いて社会全体を見据えたこんな本も読んでみました。


IT社会における情報社会論 情報化社会の歴史的変化に基づいて

<本の紹介>
情報社会の進展に伴う社会構造の変化/情報社会の進展に伴う社会構造の危機/Webコンテンツの変遷とゆくえ(ブログ・SNS・Web2.0)/Webコンテンツ産業の経済
---

この本は、難しかったです。そして、展開が堅かったかな。。
これまでの情報社会がどんな変遷を描いてきたか、事件やデータを元に語られているレポート調の文章で、読み物って感じではなかったです。ただ、全体を俯瞰してみるには、たまーにこういうものに目を通しておくのはいいかもしれないなと思いました。

あんまりおもしろくはなかったけども。。^^;

こういった本の良い点は、資格試験と同じかもしれないけど、自分の見えていなかったところに目を向けさせてくれるとこだと思います。一口にITといっても、その中には大きく分けても「作る人」と「使う人」がいて、業界が分かれてたり、システムの種別が違っていたり、サービスとして提供されているものもいろんなカテゴリがあって、全部を一人で俯瞰しようとしてもなかなか時間もかかるし難しい。興味のある分野であれば、よくわかるんだろうけど、それ以外はどうしてもね。
例えるなら、バスケやってる人にとってはNBAの選手はそれぞれ違うんだけど、興味のない人にとっては全員同じに見えるとか、好きなアーティストの曲ならその中でもお気に入りとか出てくるけど、普段聞いてないアーティストは全員同じに見えるし、曲もどれも同じに聞こえてしまうっていうのと似てるかもしれないすね。

だから、その中でこういうカテゴリではこういうサービスがあって、こういう問題を抱えてるっていうのをたまに強制的にでも知る機会を作っていかないと、どんどん視野って狭くなってっちゃうなーと思います。

特化することはとてもいいことだと思うけど、離れたところからじゃないと見えないものもあったりするから、たまにはこういう本を読むのもいいかもしれないすね。

ただ、よく調べてると思うけど、ここまで調べていてもこの後どうなっていきそうか、予想もつかないものなのかな。それとも、あえて明言を避けたのかな。

将来の予測が弱かったのが、ちょっともったいない気はしました。
ま、こっちで考えてってみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿