2011年7月18日月曜日

アイデア会議【11年12冊目】

まとめて書いてってみます。
こんな本も読みました。


アイデア会議 いい企画への近道知ってますか?

<本の紹介>
いきなり企画会議から始めるから平凡に終る。あなたとチームが個性あふれる企画を生む方法、教えます。
---

おもしろいアイデアを形にしていくのに、アイデアの数って絶対に必要だと思います。
どれだけ出せるか。出しているうちにアンテナの感度もあがるし、アイデアの質もあがってくる。
まずは量を出すことがどれだけできるか、ってすごい大事だと思うし、そんなアイデアを
出せる人でチームを組んで、何人もいていつもおもしろいアイデアの中でブレストができたら
楽しいなぁと思って、周りの仲間にアンケートをお願いしてみたり、ブレストに入って
もらったりしてます。

アイデアをたくさん出せる仲間にそのアイデアの出し方を聞いていくと、そのやり方って
みんな違ってる。自分のやり方を持ってる人が多いけど、やり方は自分で見つけて、
自己流を確立してる人が多い。
ちなみに僕のやり方は、割とざっくりコンセプトとか大枠を決めて、それを人に話しながら
詰めていくことが多いです。だから、一人で考えて最初に出すものの完成度はかなり低いと
思います。でも、その分数を出せる。ジャンルをあまり限定しないで動いているので、
そのそれぞれの活動の中でのいいところを橋渡ししながらアイデアのストックを増やして
いるので、そういう動き方ができるのが自分の強みなのかなと思ってます。

この本で書いてあった内容で参考になったのは、アイデアを形にしていく中での進め方。
・アイデア出し尽くし会議をする際には、事前にアイデアを20~30紙に書いておくこと。
 (時間短縮と、それぞれの得意なアイデアの出し方があるから。)
・質は量が生む。とするならば、量を出せないヤツに質が高いものが出せるのか?
 もし出せたとしてもそれはまぐれに過ぎないのではないか?と考える。
 コンスタントに結果を出すためには、素振り練習が必要。プランナーにとっての素振りとは、
 まさにアイデアを書くことに他ならない。
・アイデアは迷ったら出す。思いついてしまったアイデアを出さないことは罪。
・ある程度制限をかけた方が、アイデアは爆発する。
・会議とは学びの場。ただ報告を聞いているだけでなく、報告に含まれている自分にとって
 新しい行動や価値を、議論を通じて取り込んでいく。

・参考図書:
  ・「アイデアのつくり方
  ・「アイデアのヒント
  ・「スウェーデン式アイデア・ブック
  ・「パワポ使いへの警告」

参考になる本もいろいろと読んで、おもしろいアイデアを実現させていけたらいいなぁと
思いますね。^^

0 件のコメント:

コメントを投稿