2011年8月12日金曜日

国分寺市の話

清志郎ロード

  • みふじ幼稚園~国分寺第二小学校までの小道は清志郎ロードと呼ばれている。

国分寺本

国分寺が舞台の本だったので、読んでみました。おもしろいか、と言われると正直普通の文学作品という感じでしたが、自分の住んでる場所の話はおもしろく読めますね。親近感もあるし、すれ違う人の中に登場人物みたいな人がいると、「もしかして」なんて思ったりして。
土地柄もあるのか、確かにこんな人いそうだなとか思ったりもしました。僕が今見ている景色、歩いている道をかつては作者も歩いたかもしれない。そんなことを考えながら、あえて昔の雰囲気を残す建物に出かけて読んだりすると風情もあってとてもいい時間が過ごせることと思います。^^

あんまりミステリーって読まなかったんですが、国分寺の恋ヶ窪が舞台の作品ということで読んでみました。読み進めながら「なるほどなぁ」と思うコトも多かったんですが、だんだん慣れてくるというか、、型ができてしまっているなぁと感じました。条件設定や人物配置なんかが計算され尽くしていて、逆に裏をかかれないというか、想像の範囲は超えないというか。。
文章のテンポはとても良くて、読みやすいのは間違いなかったです。何度も何度も著者は自分で読み返しながら一冊を作っていったのはよく伝わってきました。

世界各国、日本全国の話ももちろん出てきますが、その中でも多摩のことがたくさん出てくる地図の本ということで読んでみた一冊です。著者の異常な地図への思い入れが十分に伝わってきました。そして普段あまり気にしたことはなかったけれど、確かに日本の地図は旅をするのに必要な公衆便所や見晴らしのいい場所といった情報というよりも、軍が作ったと思われるような国の中枢機能がやたらと載っていたり、さすが米どころと思えるような畑の中で田んぼだけは区別されているというようなところがあるんだなと改めて感じました。自分に便利な地図は、自分で作っていくのがいいのかもしれないですね。とか思った一冊でした。

割と知られている推理小説らしいけど、僕にとっては「多摩の話が出てくるらしい」という軸で選んでみた本でした。読んでみて、多摩の、それも国分寺の話が出てきたのは確かに地勢がわかる自分にとってはきっと人よりおもしろかったと思うけど、それ以上に登場人物が個性的で読んでて印象に残りました。変な人だな~、この人考え方おかしいよな~と思う人でも、超頭いいときもあるから見た眼で判断しちゃいけないですね。なんとなく、読み進めながら推理をしてみて、小さい頃からパズル好きだったことを思い出して、はまりそうになってる自分を発見しました。

国分寺の映画

広島を舞台にした映画だけれど、一部恋ヶ窪が出てくるということで見てみました。確かに出てきた出てきた。原爆の話は、先日の日輪の遺産といいブルーインパルスの由来といい、最近よく出くわすのは原発の話からの流れもあって意識がどこかでそっちに行ってるからなんでしょうか。とかも思いました。
そして、2世代、3世代と世代を経れば薄れていくのは血のつながりだけでなく、持ち物や思い出・物語も同じだけど、薄まる分広がりもして、その広がりの中に自分の時間も流れていると思うと、人がつながっていくことでそういう物語の一部に自分も参加しているのかな、とか思いました。
僕たちは、一度は死んでしまえばいいって思われた人たちなんだっていうセリフが印象に残りました。

竹中直人

  • 映画やテレビで活躍している竹中直人さんは学生時代、国分寺市に住んでいた。

ごみ問題

  • 国分寺市は、小金井市からの依頼に基づき12/1から15t/日程度の可燃ごみの受け入れを実施している。

こくぶんじ育ち

  • 国分寺市のオリジナルトイレットペーパー。家庭から資源として排出された「その他の紙(雑誌)」を再利用し、リサイクルの輪の中で生まれた。国分寺のお金が、国分寺市内で循環していくのはいいですね。

多摩学

  • 東京経済大学では多摩をより良くする多摩学の研究がなされています。

名水百選

  • 東京都の名湧水に選ばれている都立殿ヶ谷戸庭園や国分寺の「お鷹の道」、国分寺崖線の下にある湧水の池「真姿の池」は共に環境庁の「全国名水百選」の一つに選ばれています。
  • 平安の昔、玉造小町がこの池の水で病を治した伝説が残っています。
  • 国分寺市HP「みどころ」→  http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/midokoro/006176.html

子育て支援

  • 国分寺駅では、駅に隣接して保育園を開設しています。多摩地域では他に立川駅、武蔵小金井駅、西八王子駅、福生駅が保育園などの子育て支援施設を備えています。

国分寺評

  • 「聖武天皇のとき、各地に国分寺を建てましたが、ひとつとして残ってませんでっしゃろ。あるのは国分寺跡だけ。そのころの大工が、無理矢理集められて、いやいや作ったからや。早く終わらして帰りたいと思って作ったんやろな。」
    ~法隆寺、薬師寺の宮大工棟梁・西岡常一氏の、木について、道具について、そして人間について語った入魂の言葉、今日の人間関係に当てはまる口伝の一つ
  • ちなみに国分寺に国分太一は祀られてません。笑

国分寺茶

鉄道総合研究所

  • 新幹線の技術開発を行ったことで知られる鉄道総合研究所は、国分寺市の光町にあります。光町は951形が誕生する少し前、昭和41年国分寺市の町名整理の実施により誕生しました。

twitter経由でのオススメのお店

  • 南口出て国立方面へ行った「すぷーん」のカレー by @butszoさん
  • 西国分寺なら北口にある「オステリアリベロ」「すぷーん」本店も。戸倉にも「萩に月猫」という、いいお店もあります(笑) by @sunsunkumikoさん
  • ヘルマーズキッチンカフェ(http://bit.ly/eVqiqr)。国立の「くにたちファーム」のお店にいきましたよ。野菜中心のメニューでした☆ by @tsakeさん
  • 金無い学生時代は南口の鬼無里、良く行くのはRicky typhoonでした。後はアヒルの卵とか彦兵衛ですかね。北口の蕎麦屋、甚五郎・持つ鍋のわたり。 by @you_sukeさん
  • 国分寺のすごい量の店(メニュー)をリスト化したいな。宝来、フジランチ、スタ丼、刀削麺の店の大盛チャーハン、甚五郎の大盛・・・ by @__tetsu__さん

劇画

  • さいとうたかをさんら国分寺に集まった漫画家たちが提唱した大人向け漫画は「劇画」と呼ばれる。政治の季節と言われた60年代、劇画は若者の支持を集める。米ソ対立を背景に、一匹狼のスナイパーを主人公にした『ゴルゴ13』の連載が始まったのは68年だった。
  • その後さいとうさんは中野に移転。もう36年になるのだが、国分寺は苦しい思い出が多く、振り返るのも嫌だったという。「とにもかくにも私の青春だった。懐かしい」
  • 青春時代のさいとう・たかをさんが足しげく通った店が今も国分寺駅北口にある。名曲喫茶「でんえん」。大正時代の米蔵を使った店は昔のまま。変わったのは50円のコーヒーが450円になったことぐらいだ。

上海リル

  • ぽつんと裸電球がともる店先。「良き品を安くと日々勉強いたします」と書かれた看板。国分寺駅北口にある「上海リル」には昭和30年代の雰囲気が漂う。運動で世の中を変えるのではなく、日々降りかかる身近な問題の一つ一つに自分らしく向き合う。それでいいじゃないか。そう思えるまでに時間がかかった。結婚して国分寺に来て、2人の子供を育て上げ、たどり着いた結論だった。

無能の人

  • 『無能の人』を父に持つ次男の有さんは昨年、『猛スピードで母は』で芥川賞を取った。

竜の子プロダクション

  • 「きっと呼び寄せるからな」
    8歳上の長男が挿絵画家としての腕を認められて上京が決まったときの約束。三男の吉田豊治さんの青年時代の記憶だ。1年後、弟たちも兄の家に集まり、少年雑誌などに描き始める。静かな環境を求めて国分寺に移り、設立した会社に、兄竜夫さんの名前を取ってこう名付けた。「竜の子プロダクション」。1962年のことだった。

ロケットの発祥

  • 長さ23センチ、直径1.8センチ、重さ200グラムの「ペンシルロケット」。1955年、国分寺の工場跡地で試射された29機の一つだ。試射したのは東大生産技術研究所。「ロケット博士」と呼ばれた故・糸川英夫教授らのグループだ。この試射をもって、日本のロケット開発は始まったと言われている。
  • 日本初の試射があった場所は国分寺市本町1丁目の中央線沿いとされる。01年、早稲田実業学校が新宿区から移転してきた。「歴史的な場所に開校したと知り、驚いています」と初等部の阿部泰久教頭は話す。
  • スプートニク、ガガーリン、アポロ11号―。田中さんたちの青春時代は、米ソを軸に繰り広げられた「宇宙開拓」と重なる。そうした中、日本は世界で4番目の人工衛星の自力打ち上げに成功する。そこに至る努力が国分寺から始まることを誇りに思っていた。

日立研究所

0 件のコメント:

コメントを投稿