2011年8月13日土曜日

全域の話

多摩地域

  • 日本は47都道府県、東京区内は23区、多摩地域の市町村は30市町村。
  • 最も早くに市になったのは八王子市で1917年。最も新しい市は2001年で西東京市です。

多摩地域の人口

  • 東京都の人口の約3分の1にあたる400万人が暮らす多摩地域。
  • そのうち人口が1番多いのは八王子市。21の大学があり、約55万人が暮らす多摩地域の中核都市となっています。
  1. 八王子市 約55万人
  2. 町田市 約42万人

多摩地域の面積

  • 多摩地域で一番広い自治体は「奥多摩町」で東京都の10分の1に当たる225.63平方キロメートルです。
  1. 奥多摩町 225.63平方km
  2. 八王子市 186.31平方km
  3. 檜原村 105.42平方km
  4. 青梅市

多摩地域の役所標高

  1. 奥多摩町 328m
  2. 檜原村 254m

武蔵野台地

  • 関東地方はたくさんの火山に囲まれた地形です。その中でも関東ローム層に覆われる武蔵野台地は、主に富士山と箱根山の火山灰が蓄積しています。

日本一の巨樹地帯

  • 2001年に環境省が行った全国巨樹調査で891本の巨樹(地上から130cmの位置で幹周が300cm以上)が確認されています。

米軍基地

  • 福生市、瑞穂町、武蔵村山市、羽村市、立川市、昭島市にまたがる横田基地はアメリカの空軍基地となっており、在日米軍司令部が置かれています。
  • なお、立川基地は1977(昭和52)年に日本に全面返還されました。

多摩だるま

  • 多摩の伝統工芸品で青梅市や立川市、瑞穂町で作られている縁起物は江戸だるま、東京だるまとも呼ばれる「多摩だるま」。
  • 高幡不動尊では1月末に、深大寺では3月頭にだるま市が開催されます。特に調布市深大寺のだるま市は日本の三大だるま市として数えられ、だるまの“七転び八起き”と糸を出すときに起き上がる蚕の姿をかけた養蚕農家が、縁起を担いで繁栄を祈願したお祭りが、だるま市のルーツと言われています。
  • 深大寺HP→  http://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php
  • 高幡不動尊HP→  http://www.takahatafudoson.or.jp/

天然理心流

  • 幕末、後に新選組の局長となる近藤勇や、副長となる土方歳三が修めた武術の流派で、ペリー来航による沿岸防備や治安の悪化などに備えて多摩地域では天然理心流を習うことが農民の間に広まりました。

タマケン -多摩・武蔵野検定-

  • 多摩・武蔵野地域は首都東京のベットタウンという印象が強いですが、大学の立地数は東京圏の20%を占め、世界に冠たる先端企業が多く立地するなど、優秀な人材を有するユニークなエリアです。
  • 多摩・武蔵野検定は、そんな人材の宝庫である多摩、武蔵野の未来を切り開きます。検定を通じて多摩・武蔵野を知り、地域に対する愛情と誇りを醸成していくことで地域活性化につながる「多摩・武蔵野が大好き」といえる人間を一人でも多く育てる『地域づくり・人材づくり』を目標とした検定試験です。

東京にしがわ大学

0 件のコメント:

コメントを投稿