2011年8月12日金曜日

武蔵村山市の話

カタクリ

  • 狭山丘陵に位置する野山北公園ではカタクリの花が自然群生します。4月上旬になると、約2万株の春を告げる花・カタクリが薄紫色のかれんな花を咲かせます。
  • 都立公園の狭山丘陵ガイド→  http://www.sayamaparks.com/noyama/#migoro

村山デエダラ祭り

  • 2006年から始まった、武蔵村山市に伝わる“デエダラボッチ(大多羅法師)“伝説からその名前がつけられた村山デエダラ祭りでは、伝説の巨人「デエダラボッチ」をモチーフにした山車が登場します。毎年10万人以上の来場者が訪れるお祭りです。市内にはデエダラボッチが歩いた足跡とされる井戸なども残っています。
  • 武蔵村山市HP「村山デエダラまつり」→  http://www.city.musashimurayama.lg.jp/2368/002106.html

かたくりの湯

  • 武蔵村山市に2002年にオープンした温泉施設。狭山丘陵を背にしており、すぐ近くにある野山北公園では秋には紅葉が見ごろを迎え、4月上旬には約20,000株のカタクリが自然群生し、紫色のかれんな花を楽しめます。

村山大島紬

  • 「トンカラリン、トンカラリン・・・」という機の音がまちにひびき、丈夫で軽く着心地がいいという特徴を持つ村山大島紬(つむぎ)。板締(いたじめ)染色という特殊な染め方を用いており、東京都の伝統的工芸品に登録されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿