2011年1月16日日曜日

次郎長三国志【11年07作目】

同じジャンルは2作続けて観ないこと。をルールにして、着々と観てってます。


次郎長三国志

<映画の紹介>
叔父であるマキノ雅弘監督の名作「次郎長三国志」を、津川雅彦が“マキノ雅彦”名義で映画化。祝言をあげたばかりの妻を置いて、3年にわたる渡世修行に出かけた次郎長とその子分たちの旅と戦いを、笑いや涙を交えた本格派時代劇に仕上げている。次郎長役には中井貴一、その妻には鈴木京香、追分政五郎に北村一輝、森の石松に温水洋一など豪華なキャストを起用。
---

やっぱり日本人なら邦画をたくさん見るべきだと思います。
日本人にしかできない言い回し、独特の掛け合いの間、洋画にそれは求められない。いや、洋画を見ればこそ、邦画の良さも引き立つのかもしれない。

この作品で衝撃的だったのは、セリフは定かじゃないけれど主人公の晴れの舞台に親分衆が集まったときに主人公が「いや、それもこれも親分方が若い自分に花を持たせようと集まってくれたおかげで…」って言ってたとこ。これは、絶対洋画で見れないいい場面だな~と思いました。

そうなんだよ。
若い人たちが勢いで新しいことをしようとしてる、それはクローズアップもされやすいし若い力として歓迎されやすいかもしれない。でも、その裏にはその人に花を持たせようと集まってる、力を貸してる先輩や仲間の人たちがたくさんいて、そういう人たちが力を貸してくれるからこそ、若い人たちも脚光を浴びることができる。やってみようと思ったことを、実現させていくことができるんだ。

そういう大事なことに気づかせてくれる、いい作品でした。
他にもかつての日本にあったあったかさを感じられる、自分たちが大事にしなきゃいけない人との付き合いや残したい価値観をうまく形にしてくれていて、懐の深さ、日本人の、日本人ならではのかっこよさを感じさせてくれる場面も多く、観てて飽きない作品でした。
きっとこの現場楽しかったろうな。なんかそういうのも伝わってきた。

自分も、自分に目を掛けてくれる人たちの期待に応えられるよう、手を貸してくれる人たちに恥をかかせないよう、もっともっと大きく強く優しくなっていかなきゃなと思いました。

世界は広いや。

0 件のコメント:

コメントを投稿